Exchange Onlineの新しい監査ログ項目を有効にする

Exchange Onlineの監査ログで今年2月に新しい項目”MailItemsAccessed”がリリースされました。

※2019年03月26日の公式アナウンス(MC176515)で、この監査項目が無効になっている事を確認できます。 – 2019/05/29

Featured ID: 32224
Last Modified: 2/7/2019
Status: Launched

Update to Exchange Mailbox Auditing – Mailboxes Audited by Default and New Mailbox Actions to Audit
https://www.microsoft.com/en-us/microsoft-365/roadmap?filters=&searchterms=32224

Office365Roadmap32224

この項目を有効化するスクリプトです。

■ 現在の設定で”MessageBind”を有効化していない場合

Get-Mailbox -ResultSize Unlimited | Set-Mailbox -AuditOwner @{Add="MailItemsAccessed"} -AuditDelegate @{Add="MailItemsAccessed"} -AuditAdmin @{Add="MailItemsAccessed"}

■ 現在の設定で”MessageBind”を有効化している場合

Get-Mailbox -ResultSize Unlimited | Set-Mailbox -AuditOwner @{Add="MailItemsAccessed"} -AuditDelegate @{Add="MailItemsAccessed"} -AuditAdmin @{Remove="MessageBind"; Add="MailItemsAccessed"}

Get-Mailbox
https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/exchange/mailboxes/get-mailbox?view=exchange-ps

広告

Exchange Serverのテスト用に大量のユーザーを追加する

Exchange Serverのアドインや連携システムの開発/テスト/検証時に大量のユーザー環境が必要な場合が有ります。
そのような時に使用するPowerShellのサンプルスクリプトです。

※スクリプトは、”domain.test”ドメインに10万ユーザー(100,000)を追加するサンプルの設定になります。シングルスレッドでシーケンシャルに追加していきます。

Exchange管理シェルをExchange Serverの管理者権限のあるユーザーで開き、次のスクリプトを実行します。

ExchangeAddManyUsers.ps1

$cnt = 100000
$fname = "Test"
$name = "User"
$domain = "domain.test"
$pw = "p@ssw0rd"
$spw = ConvertTo-SecureString -String $pw -AsPlainText -Force
$i = 0
while ($i -lt $cnt) 
{
    $lname = $name + $i
    $user = $fname + $lname
    $upn = $user + "@" + $domain
    New-Mailbox -Name $user -UserPrincipalName $upn -Password $spw -FirstName $fname -LastName $lname
    $i++
}

関連情報:

New-Mailbox (exchange) – MSDN
https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/exchange/mailboxes/new-mailbox?view=exchange-ps

Windows SDK/Platform SDK の バージョン と ダウンロードURL [Windows 10対応版]

Windows SDK/Platform SDK の バージョン と ダウンロードURL [Windows 8.1対応版] のWindows 10対応版です。

バージョンの選択:

Windows SDK archive
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/ff851942

All .NET Downloads
https://www.microsoft.com/net/download/all

ダウンロード:

Version 名 前 ダウンロード(Web) ダウンロード(ISO) ダウンロード(分割)
5.2.3790.1830 Windows® Server 2003 SP1 Platform SDK ここから ここから ここから
5.2.3790.2075 Microsoft ® Windows Server® 2003 R2 Platform SDK ここから ここから ここから
6.0 Microsoft® Windows® Software Development Kit Update for Windows Vista™ ここから ここから
6.1 Windows SDK for Windows Server 2008 and .NET Framework 3.5 ここから ここから
7.0 Microsoft Windows SDK for Windows 7 and .NET Framework 3.5 SP1 ここから ここから
7.1 Microsoft Windows SDK for Windows 7 and .NET Framework 4 ここから ここから
8.59.29750.0 Windows SDK for Windows 8 ここから
8.100.25984.0 Windows SDK for Windows 8.1 ここから
10.0.26624.0 Windows Software Development Kit (SDK) for Windows 10 ここから

開発ツールと対応 OS 一覧
Visual C++ 6.0 – Visual Studio 2015, Windows XP – Windows 10
https://www.microsoft.com/ja-jp/dev/support/tools.aspx

開発ツールと対応 OS 一覧 (アーカイブ)
Visual C++ 4.0 – Visual Studio 2010, Windows 95 – Windows 7
https://www.microsoft.com/ja-jp/dev/support/tools_archive.aspx

参照情報:

入手可能な Windows SDK について – JAPAN Platform SDK(Windows SDK) Support Team Blog – Site Home – MSDN Blogs
http://blogs.msdn.com/b/japan_platform_sdkwindows_sdk_support_team_blog/archive/2011/04/22/windows-sdk.aspx

関連投稿:

Windows SDK/Platform SDK の バージョン と ダウンロードURL [Windows 8.1対応版]
Windows SDK/Platform SDK の バージョン と ダウンロードURL

Network Security Forum 2014(NSF2014)- 2014年1月29日(水)

イベントの紹介です。

2014年1月29日(水)に東京・ベルサール神田にて、NPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)主催のシンポジウム「Network Security Forum 2014」が開催されます。

Network Security Forum 2014(NSF2014)/NPO日本ネットワークセキュリティ協会
http://www.jnsa.org/seminar/nsf/2014/index.html

【概要】
名称: Network Security Forum 2014(NSF2014)
日時: 2014年1月29日(水)10:00~18:00
会場: ベルサール神田(千代田区神田美土代町7住友不動産神田ビル)Room1、3+4
主催: NPO日本ネットワークセキュリティ協会
後援: 情報セキュリティ政策会議、総務省、経済産業省、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)等
定員: トラック1(160名)トラック2(120名)
料金: 無料(事前登録制)
対象: 情報セキュリティに興味をお持ちの方全般

【A1】12:50-14:50〈120分〉
内部不正対策ソリューションガイド公開イベント
~ これでわかる内部不正対策!

【A2 パネルディスカッション】電子署名WG
15:00-15:50〈50分〉
電子署名をめぐる国内外の最新動向

【B2 パネルディスカッション】アイデンティティ管理WG
13:10-14:00〈50分〉
エンタープライズ・ID連携トラストフレームワークに
おけるポリシーのあり方

【B3 パネルディスカッション】SECCON
14:10-16:10〈120分〉
触媒としてのセキュリティコンテスト
~SECCONの現在までの取組とこれからの展望

【B4 対談】16:20-18:00〈100分〉
パーソナルデータに関する制度、技術、ビジネスの
方向性について

時間は重複しますが上記5つの対談やパネルディスカッションがお薦めです。
今現在一緒に仕事をしている人達も参加してディスカッションします。

Windows SDK/Platform SDK の バージョン と ダウンロードURL [Windows 8.1対応版]

最新はこちらの投稿 
Windows SDK/Platform SDK の バージョン と ダウンロードURL [Windows 10対応版]

バージョンの選択:

Windows SDK archive
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/ff851942

ダウンロード:

Version 名 前 ダウンロード(Web) ダウンロード(ISO) ダウンロード(分割)
5.2.3790.1830 Windows® Server 2003 SP1 Platform SDK ここから ここから ここから
5.2.3790.2075 Microsoft ® Windows Server® 2003 R2 Platform SDK ここから ここから ここから
6.0 Microsoft® Windows® Software Development Kit Update for Windows Vista™ ここから ここから
6.1 Windows SDK for Windows Server 2008 and .NET Framework 3.5 ここから ここから
7.0 Microsoft Windows SDK for Windows 7 and .NET Framework 3.5 SP1 ここから ここから
7.1 Microsoft Windows SDK for Windows 7 and .NET Framework 4 ここから ここから
8.59.29750.0 Windows SDK for Windows 8 ここから
8.100.25984.0 Windows SDK for Windows 8.1 ここから

参照情報:

入手可能な Windows SDK について – JAPAN Platform SDK(Windows SDK) Support Team Blog – Site Home – MSDN Blogs
http://blogs.msdn.com/b/japan_platform_sdkwindows_sdk_support_team_blog/archive/2011/04/22/windows-sdk.aspx

関連投稿:

Windows SDK/Platform SDK の バージョン と ダウンロードURL