Exchange Server 開発における MAPI Property の公開仕様の取得先

Exchange Server の開発において、カスタム開発を行う場合は MAPI の Property (GUIDやTag等) の情報が必要になりますが、その情報は下記の公開仕様を参照することで得られます。

【Web】
Mapping Canonical Property Names to MAPI Names
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/office/cc765838%28v=office.14%29.aspx

【PDF】
[MS-OXPROPS]: Exchange Server Protocols Master Property List
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/office/cc433490.aspx

【その他】
・PropertyTagに関しては、Windows SDK の "MAPITags.h" ファイルを参照する。

  

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中