Windows Server バックアップでのバックアップデータの削除

(2018/11/3 追記) こちらで正しい対応方法が説明されてます。

コマンドによるバックアップの過去の世代の削除手順 1/2
https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2018/10/31/delete_backup_by_command_1/

コマンドによるバックアップの過去の世代の削除手順 2/2
https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2018/10/31/delete_backup_by_command_2/

Windows Server バックアップで、バックアップ先の変更等で古いボリュームの空き容量を増やしたい・元に戻したい場合は次の手順でも行えます。(この記事は2013年9月現在の情報になります)

  1. >wbadmin delete catalog で バックアップのカタログを削除
  2. 対象ボリューム の WindowsImageBackupフォルダを削除
  3. F:ドライブにバックアップしていた場合
    >vssadmin delete shadowstorage /For=F:
    又は
    >vssadmin resize shadowstorage /For=F: /On=F: /MaxSize=500M (500Mは参考値)
    ※これを行わないとVSSコピーが残ったままで空き容量が増えません。

システム状態以外を含むバックアップの場合、Wbadmin delete systemstatebackup コマンドでは
「このコマンドは、システム状態のみを含むバックアップを削除するときに使用できます。」
と表示されて削除できず、 vssadmin delete shadows コマンドでもWindows Server バックアップで作成されたものは削除できませんでした。

Wbadminコマンドについて
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc754015(v=ws.10).aspx

Vssadminコマンドについて
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc754968(v=ws.10).aspx

 

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください