Exchange Web Mail Loggerに関するQ&A

更新日: 2018/04/23

弊社製品のExchange Web Mail Loggerに関するQ&Aをまとめました。

製品URL:
http://winginfo.net/product_exchangewebmaillogger.html

環境

Q (I-1).
データベース可用性グループ(DAG)が構成されている環境で利用できますか?
A.
はい。基本的にはDAGが構成されている環境でも利用が可能です。ただし構成によっては確認が必要になる場合があります。詳細についてはお問合せください。
関連URL: データベース可用性グループ (DAG)
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/mt697595(v=exchg.160).aspx

Q (I-2).
複数バージョンの混在環境やハイブリッド構成環境で利用できますか?
A.
いいえ、Exchange Server 2016のみで構成された環境で利用が可能です。

Q (I-3).
マルチサーバーエディッションでのサーバー構成と必要なライセンスについて教えてください。
A.
メインサーバーは自サーバーとサブサーバー分を含めて最大で3~4000ユーザーの記録処理を想定しています。ユーザーのOotwの利用頻度によって負荷は異なると思いますが、おおよそ次のサーバー構成とライセンス構成案を基準にしてご検討ください。※2018年6月以降にリリース予定のEWML2.0での構成案になります。
例① Exchange Serverが2台で、Ootw利用ユーザーが3000名 → メインサーバー × 1 、サブサーバー× 1 ~
例② Exchange Serverが2台で、Ootw利用ユーザーが5000名 → メインサーバー × 2
例③ Exchange Serverが3台で、Ootw利用ユーザーが4000名 → メインサーバー × 1、サブサーバー× 2 ~
例④ Exchange Serverが3台で、Ootw利用ユーザーが6000名 → メインサーバー × 3
例⑤ Exchange Serverが5台で、Ootw利用ユーザーが5000名 → メインサーバー × 2、サブサーバー× 3 ~
例⑥ Exchange Serverが5台で、Ootw利用ユーザーが20000名 → メインサーバー × 5

機能

Q (K-1).
Exchange Serverの「メールボックス所有者として送信する」または「代理人として送信する」機能を使用してメールを送信した場合、ログに実際に送信したアカウントやIPアドレスが記録されますか?
A.
はい。対象のメールボックス、送信したアカウント、送信したクライアントのIPアドレスが保存されます。
関連URL: 受信者のアクセス許可を管理する
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj919240(v=exchg.160).aspx

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください