Windows Server バックアップでのバックアップデータの削除

Windows Server バックアップで、バックアップ先の変更等で古いボリュームの空き容量を増やしたい・元に戻したい場合は次の手順でも行えます。

  1. >wbadmin delete catalog で バックアップのカタログを削除
  2. 対象ボリューム の WindowsImageBackupフォルダを削除
  3. F:ドライブにバックアップしていた場合
    >vssadmin delete shadowstorage /For=F:
    又は
    >vssadmin resize shadowstorage /For=F: /On=F: /MaxSize=500M (500Mは参考値)
    ※これを行わないとVSSコピーが残ったままで空き容量が増えません。

システム状態以外を含むバックアップの場合、Wbadmin delete systemstatebackup コマンドでは
「このコマンドは、システム状態のみを含むバックアップを削除するときに使用できます。」
と表示されて削除できず、 vssadmin delete shadows コマンドでもWindows Server バックアップで作成されたものは削除できませんでした。

Wbadminコマンドについて
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc754015(v=ws.10).aspx

Vssadminコマンドについて
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc754968(v=ws.10).aspx

広告

Exchange Server のメッセージクラス

Exchange Server で扱われるメッセージクラスには、下記のクラスがあるようです。

IPM.Note
IPM.Note.SMIME
IPM.Note.SMIME.MultipartSigned
IPM.Note.Receipt.SMIME
IPM.InfoPathForm
IPM.Schedule.Meeting
IPM.Notification.Meeting
IPM.Post
IPM.Octel.Voice
IPM.Voicenotes
IPM.Sharing

REPORT.IPM.Note.NDR
REPORT.IPM.Note.DR
REPORT.IPM.Note.Delayed
REPORT.IPM.Note.IPNRN
REPORT.IPM.Note.IPNNRN
REPORT.IPM.Schedule.Meeting.Request.NDR
REPORT.IPM.Schedule.Meeting.Resp.Pos.NDR
REPORT.IPM.Schedule.Meeting.Resp.TENT.NDR
REPORT.IPM.Schedule.Meeting.Canceled.NDR
REPORT.IPM.Note.SMIME.NDR
REPORT.IPM.Note.SMIME.DR
REPORT.IPM.Note.SMIME.MULTIPARTSIGNED.NDR
REPORT.IPM.Note.SMIME.MULTIPARTSIGNED.DR

詳細は下記サイトで説明されてます。

[MS-ASEMAIL]: MessageClass
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee200767%28v=exchg.80%29.aspx

Item Types and Message Classes
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ff861573%28v=office.14%29.aspx

Exchange Server 開発における MAPI Property の公開仕様の取得先

Exchange Server の開発において、カスタム開発を行う場合は MAPI の Property (GUIDやTag等) の情報が必要になりますが、その情報は下記の公開仕様を参照することで得られます。

【Web】
Mapping Canonical Property Names to MAPI Names
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/office/cc765838%28v=office.14%29.aspx

【PDF】
[MS-OXPROPS]: Exchange Server Protocols Master Property List
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/office/cc433490.aspx

【その他】
・PropertyTagに関しては、Windows SDK の "MAPITags.h" ファイルを参照する。

  

Webアプリケーション開発における重視項目別の選択[ASP/ASP.NET/AJAX/Silverlight]

※左ほど良い。弊社技術部の2010年当時の主観です。開発対象によっても変わります。
※AJAXはASP.NET+AJAX

  1. 開発時の生産性 を重視
    ASP.NET > AJAX > Silverlight > ASP
  2. 開発リソースの集めやすさ を重視
    ASP.NET > AJAX > Silverlight > ASP
  3. デザイン・見た目 を重視
    Silverlight > AJAX > ASP.NET > ASP
  4. 実行時のパフォーマンス (クライアント)を重視
    ASP > ASP.NET > AJAX > Silverlight
  5. 実行時のパフォーマンス (サーバ※)を重視  ※事実上IIS
    C/Sの連携方法等にもよるので判断は難しい

 

Livedoor タグ: ,,,

アプリケーション開発における重視項目別の選択[Win32/MFC/WinForm/WPF]

※左ほど良い。弊社技術部の2010年当時の主観です。開発対象によっても変わります。

  1. 開発時の生産性 を重視
    WinForm > WPF > MFC > Win32
  2. 開発リソースの集めやすさ を重視
    WinForm > MFC > WPF > Win32
  3. デザイン・見た目 を重視
    WPF > WinForm > MFC > Win32
  4. 実行時のパフォーマンス を重視
    Win32 > MFC > WinForm > WPF

 

Livedoor タグ: ,,,