Windows SDK/Platform SDK の バージョン と ダウンロードURL [Windows 10対応版]

Windows SDK/Platform SDK の バージョン と ダウンロードURL [Windows 8.1対応版] のWindows 10対応版です。

バージョンの選択:

Windows SDK archive
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/ff851942

ダウンロード:

Version 名 前 ダウンロード(Web) ダウンロード(ISO) ダウンロード(分割)
5.2.3790.1830 Windows® Server 2003 SP1 Platform SDK ここから ここから ここから
5.2.3790.2075 Microsoft ® Windows Server® 2003 R2 Platform SDK ここから ここから ここから
6.0 Microsoft® Windows® Software Development Kit Update for Windows Vista™ ここから ここから  
6.1 Windows SDK for Windows Server 2008 and .NET Framework 3.5 ここから ここから  
7.0 Microsoft Windows SDK for Windows 7 and .NET Framework 3.5 SP1 ここから ここから  
7.1 Microsoft Windows SDK for Windows 7 and .NET Framework 4 ここから ここから  
8.59.29750.0 Windows SDK for Windows 8 ここから    
8.100.25984.0 Windows SDK for Windows 8.1 ここから    
10.0.26624.0

Windows Software Development Kit (SDK) for Windows 10

ここから    

開発ツールと対応 OS 一覧
  Visual C++ 6.0 – Visual Studio 2015, Windows XP – Windows 10
https://www.microsoft.com/ja-jp/dev/support/tools.aspx

開発ツールと対応 OS 一覧 (アーカイブ)
  Visual C++ 4.0 – Visual Studio 2010, Windows 95 – Windows 7
https://www.microsoft.com/ja-jp/dev/support/tools_archive.aspx

参照情報:

入手可能な Windows SDK について – JAPAN Platform SDK(Windows SDK) Support Team Blog – Site Home – MSDN Blogs
http://blogs.msdn.com/b/japan_platform_sdkwindows_sdk_support_team_blog/archive/2011/04/22/windows-sdk.aspx

関連投稿:

Windows SDK/Platform SDK の バージョン と ダウンロードURL [Windows 8.1対応版]
Windows SDK/Platform SDK の バージョン と ダウンロードURL

広告

Windows SDK/Platform SDK の バージョン と ダウンロードURL [Windows 8.1対応版]

Windows SDK/Platform SDK の バージョン と ダウンロードURL の Windows 8 と 8.1 の対応版です。

バージョンの選択:

Windows SDK archive
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/ff851942

ダウンロード:

Version 名 前 ダウンロード(Web) ダウンロード(ISO) ダウンロード(分割)
5.2.3790.1830 Windows® Server 2003 SP1 Platform SDK ここから ここから ここから
5.2.3790.2075 Microsoft ® Windows Server® 2003 R2 Platform SDK ここから ここから ここから
6.0 Microsoft® Windows® Software Development Kit Update for Windows Vista™ ここから ここから  
6.1 Windows SDK for Windows Server 2008 and .NET Framework 3.5 ここから ここから  
7.0 Microsoft Windows SDK for Windows 7 and .NET Framework 3.5 SP1 ここから ここから  
7.1 Microsoft Windows SDK for Windows 7 and .NET Framework 4 ここから ここから  
8.59.29750.0 Windows SDK for Windows 8 ここから    
8.100.25984.0 Windows SDK for Windows 8.1 ここから    

参照情報:

入手可能な Windows SDK について – JAPAN Platform SDK(Windows SDK) Support Team Blog – Site Home – MSDN Blogs
http://blogs.msdn.com/b/japan_platform_sdkwindows_sdk_support_team_blog/archive/2011/04/22/windows-sdk.aspx

関連投稿:

Windows SDK/Platform SDK の バージョン と ダウンロードURL

Vine Linux 5.1 での Silverlight(Moonlight) の利用

日経Linux 2010年07月号 の 特集2「7大Linuxディストリビューション対決 & Ubuntu 10.04の実力」の記事中 Vine Linux 5.1 は Silverlight(Moonlight)の実行には"対応してない※"と言う記載になっていたが、実際に試してみると Windows とほとんど違わない手数でSilverlight実行環境を構築することが可能だった。
※「ディストリビータのパッケージのみでは再生できない」と記載されている

Silverlight実行環境はMoonlightパッケージを利用して構築する。

①ブラウザ上からリンクをクリックして配布ページにアクセスする http://www.go-mono.com/moonlight/

MoonlightInstall

②アドオンパッケージの選択を行う
MoonlightInstallSelect

③インストールの確認
MoonlightInstallConfirm

④インストール後は Microsoft日本向けサイトのSilverlightコンテンツもWindowsとほぼ同様に表示することが出来る。
画面は右クリックでバージョンを確認してるところ(Version 2.3)
MoonlightAboutMenu

⑤アドオンを表示して確認。
MoonlightInstallMediaCodecs

⑥オブジェクトのプロパティを表示してみたところ。
MoonlightObjectProperty

関連記事:

日経Linux 2010年7月号「7大Linuxディストリビューション対決」の勝手に訂正記事 – 葡萄栽培記 – vineグループ
http://vine.g.hatena.ne.jp/iwaim/20100615/1276604465

2010年7月号 – 日経Linux – 本誌補足情報:ITpro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/MAG/20100604/348847/?ST=oss

Hyper-V Server 2008 R2 への SBS2003 のインストール

2005年頃に購入した Small Business Server 2003 を Hyper-V Server 2008 R2 に改めて新規インストールしたときのメモ。
(ここ数年眠っていたものですが 仮装環境構築により この ActiveDirectory + 5cal の 使い道がまた出てきました。)

参考にしたページ:

徒然 SBS – TUREZURE SBS
http://sbs.spaces.live.com/?_c11_BlogPart_pagedir=Last&_c11_BlogPart_BlogPart=blogview&_c=BlogPart&partqs=cat%3dSBS

@IT総合トップ > @IT CORE > Windows Server Insider >  運用 > 実例で学ぶSBS 2003ネットワーク構築と運用
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/sbs200301/sbs200301_01.html

  1. インストール時の仮装マシンのハードウェア構成
    ※: Hyper-V統合サービスはサービスパック2のあたってない Windows Server 2003 (SBS初期状態)にはインストールできない
     ①ネットワークカード
      レガシーネットワークアダプターを使用(ネットワークアダプター×)
      →統合サービスのインストールは Windows Server 2003 ServicePack2 が 必要。
       SBSのインストール後の初期状態では次の状態になる
        統合モードのネットワークカード(ネットワークアダプター)は認識しない
        Hyper-Vの管理コンソールからマウスの利用が出来ない
  2. OSのインストール
     OSのインストールまでを行う
     ログイン後に始まるSBSのセットアップはキャンセルする。
  3. Windows Server 2003 ServicePack2 の インストール
      (レガシーネットワークアダプタをWANに接続してWindows Updateを行った)
  4. 統合サービスのインストール
  5. 仮装マシンの設定でネットワークカードを変更
     レガシーネットワークアダプター から ネットワークアダプター へ変更 (一旦削除して追加)
  6. SBSのセットアップ

  7. 使用しないサービスのアンインストール

    古いSharePointと監視のアンインストール

    Windows Small Business Server 2003 SharePoint Services の companyweb Web サイトの削除方法とインストール方法
    http://support.microsoft.com/kb/829114/ja

    SBS 監視再インストール命令
    http://support.microsoft.com/kb/555432

  8. Microsoft Update


    優先度の高いものだけで 101 個。

     

“インストールマニアックス2009 TESTUJIN 64" チャレンジコンテンツ

今回は SQL Server 又は .NET に絞ってインストールしてます。(※前回は、MySQL or PHP でした)

事前準備

  1. OS の インストールと設定 – 2時間 (05/01~02)
  2. ユーザーとグループの設定 – 0.5時間 (05/02)
  3. SQL Server 2008 の インストール  – 1時間 (05/02)
  4. サンプルデータベースのインストール – 0.5時間 (05/02)
  5. Other – 2時間 (05/01~02)

インストール と 設定

  1. Windows SharePoint Services 3.0 / CMS – 3.5時間 (05/02~05/03, 05/06)  公開URL
  2. GroupBoard Workspace 2007 / CMS – 3時間 (05/02, 05/06)  公開URL 
  3. SSRS(SQL Server Reporting Services) / Reports – 5時間 (05/02) 公開URL ※要ID/PW
  4. BlogEngine.NET / Blog – 2.5時間 (05/05) 公開URL
  5. ScrewTurnWiki / Wiki – 1.0時間 (05/05) 公開URL
  6. mojoPortal / CMS – 2.5時間 (05/05) 公開URL

変更等

  1. Windows Sharepoint Services の 公開URL(ホストとポート)の変更 – 2.0時間 (05/05)
  2. セキュリティの設定 – 2.0時間 (05/05)