Exchange Onlineの新しい監査ログ項目を有効にする

Exchange Onlineの監査ログで今年2月に新しい項目”MailItemsAccessed”がリリースされました。

Featured ID: 32224
Last Modified: 2/7/2019
Status: Launched

Update to Exchange Mailbox Auditing – Mailboxes Audited by Default and New Mailbox Actions to Audit
https://www.microsoft.com/en-us/microsoft-365/roadmap?filters=&searchterms=32224

Office365Roadmap32224

この項目を有効化するスクリプトです。

■ 現在の設定で”MessageBind”を有効化していない場合

Get-Mailbox -ResultSize Unlimited | Set-Mailbox -AuditOwner @{Add="MailItemsAccessed"} -AuditDelegate @{Add="MailItemsAccessed"} -AuditAdmin @{Add="MailItemsAccessed"}

■ 現在の設定で”MessageBind”を有効化している場合

Get-Mailbox -ResultSize Unlimited | Set-Mailbox -AuditOwner @{Add="MailItemsAccessed"} -AuditDelegate @{Add="MailItemsAccessed"} -AuditAdmin @{Remove="MessageBind"; Add="MailItemsAccessed"}

Get-Mailbox
https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/exchange/mailboxes/get-mailbox?view=exchange-ps

広告

Exchange Serverのテスト用に大量のユーザーを追加する

Exchange Serverのアドインや連携システムの開発/テスト/検証時に大量のユーザー環境が必要な場合が有ります。
そのような時に使用するPowerShellのサンプルスクリプトです。

※スクリプトは、”domain.test”ドメインに10万ユーザー(100,000)を追加するサンプルの設定になります。シングルスレッドでシーケンシャルに追加していきます。

Exchange管理シェルをExchange Serverの管理者権限のあるユーザーで開き、次のスクリプトを実行します。

ExchangeAddManyUsers.ps1

$cnt = 100000
$fname = "Test"
$name = "User"
$domain = "domain.test"
$pw = "p@ssw0rd"
$spw = ConvertTo-SecureString -String $pw -AsPlainText -Force
$i = 0
while ($i -lt $cnt) 
{
    $lname = $name + $i
    $user = $fname + $lname
    $upn = $user + "@" + $domain
    New-Mailbox -Name $user -UserPrincipalName $upn -Password $spw -FirstName $fname -LastName $lname
    $i++
}

関連情報:

New-Mailbox (exchange) – MSDN
https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/exchange/mailboxes/new-mailbox?view=exchange-ps

Webアプリケーション開発での古いブラウザの入手方法

Webアプリケーションの開発では、製品がサポート対象とするブラウザの関係で、古いブラウザを入手して試験等を行う必要があると思います。
今回の参考として、Outlook Web Appの場合を考えます。

Outlook Web App をサポートしているブラウザー
http://help.outlook.com/ja-jp/140/bb899685.aspx

> Outlook Web App と Exchange コントロール パネルで使用可能なすべての機能を使用するには、Windows XP、Windows 2003、Windows Vista、または Windows 7 を実行しているコンピューターで次のブラウザーを使用できます。

>  ・Internet Explorer 7 以降のバージョン
>  ・Firefox 3.0.1 以降のバージョン
>  ・Chrome 3.0.195.27 以降のバージョン

上記の場合の、Internet Explorer, Firefox, Chorme の1部のバージョンについては、次のサイトから入手することが可能です。
※セキュリティを十分に考慮した環境(オフライン等)での使用をお勧めします。

【Firefox】

以前のバージョンの Firefox をインストールするには | Firefox ヘルプ
http://support.mozilla.org/ja/kb/install-older-version-of-firefox

>Mozilla は、古いバージョンの Firefox をテストする目的で Web サイト に残してありますが、最新バージョン以外の使用は推奨されません。
>警告: 古いバージョンの Firefox を使うと、重大なセキュリティの危険性を抱えることになります。

Firefox 3.0.1
https://ftp.mozilla.org/pub/mozilla.org/firefox/releases/3.0.1/win32/ja/

【Chrome】

Chrome 3.0.195.27
http://cache.pack.google.com/edgedl/chrome/install/195.27/chrome_installer.exe
※Webインストーラで接続後に最新バージョンがダウンロードされインストールされてしまいます。

【Internet Explorer 】

Windows XP 向け Windows Internet Explorer 7
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=2

Windows Server 2003 SP1 および Windows Server 2003 SP2 向け Windows Internet Explorer 7
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=24802

Windows Server 2003 IA64 向け Windows Internet Explorer 7
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=18566

Windows 64 ビット クライアント/サーバー向け Windows Internet Explorer 7
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=8356

■ Virtual Hard Disk 仮想イメージとしてOS付きで入手することもできます。

Internet Explorer Application Compatibility VPC Image (※すべて英語版です。)
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=11575

Internet Explorer 6 (Windows XP)
Internet Explorer 7 (Windows Vista)
Internet Explorer 8 (Windows 7)
Internet Explorer 9 (Windows 7)

Exchange Server 2013 & 2016の自習書及びホワイトペーパー、活用ガイド、評価ガイド

(2018/06/20更新) 2010関係のリンク切れが多いのでタイトルを変更しました。

Exchange Server 2016, 2013の自習書 及び ホワイトペーパー、活用ガイド、評価ガイドに関するリソースへのリンクです。
似たようタイトルでも、オンプレミスとオンライン版で違うものであったりしますのでご注意ください。

Exchange Server 2016 自習書シリーズ
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/mt691869.aspx

アーキテクチャ編

移行・共存編

Exchange Server 2013 自習書シリーズ
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj853251.aspx

インストール編
アーキテクチャ・可用性編
管理編
セキュリティ コンプライアンス編
ハイブリッド編
移行・共存編

Exchange Server 2013関連ドキュメントのダウンロード

Microsoft Outlook Web App 活用ガイド (Exchange Online (Office 365) / Exchange Server 2013 対応版)
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=36999

Microsoft Outlook 2013 活用ガイド (Exchange Online (Office 365) / Exchange Server 2013 対応版)
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=36993

 

以降はリンク切れになります。

Exchange 評価ガイド
http://technet.microsoft.com/ja-jp/office/jj149945#EXS-2013

Exchange Server 2013 評価ガイド
Exchange Online アーカイブ・コンプライアンス機能 活用ガイド
Exchange Online と Exchange Server 2013 におけるアーカイブ不変性の実現ホワイト ペーパー
Outlook 2013 活用ガイド
Outlook 2010 活用ガイド (Office 365 クライアント編)
Outlook Web App 2013 活用ガイド
Outlook Web App Light 活用ガイド

 

Exchange Server 2010関連ドキュメントのダウンロード

Microsoft Outlook Web App 活用ガイド (Exchange Server 2010 SP1 編)
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=7891

Outlook 2010 活用ガイド (Exchange Server 2010 クライアント編)
https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=14362

Exchange Server 2010 自習書シリーズ | TechNet
http://technet.microsoft.com/ja-jp/exchange/dd775186.aspx
(1.~5. 株式会社大塚商会, 6. NET社)

1. インストール編 (Word ファイル、11.7 MB) * SP1 対応
2. 移行共存編 (Word ファイル、8.99 MB)
3. 高可用性編 (Word ファイル、2.55 MB) * SP1 対応
4. 管理編 (Word ファイル、3.75 MB) * SP1 対応
5. コンプライアンス編 (Word ファイル、9.03 MB) * SP1 対応
6. ユニファイド メッセージング編 (Word ファイル、15.2 MB)

Exchange Server 2010 自習書シリーズ [SP2 編] | TechNet
http://technet.microsoft.com/ja-jp/exchange/hh921406.aspx
(株式会社 NTT データ)

1. マルチテナント編 (Word ファイル、22 MB) * SP2 対応
2. OWA Mini 編 (Word ファイル、4.13 MB) * SP2 対応

Exchange Server 2010 ホワイト ペーパー | マイクロソフト技術情報
http://technet.microsoft.com/ja-jp/exchange/2010/ff798019
(3. & 4. 富士通株式会社 & 株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ)

1. Exchange 展開の選択肢
2. Exchange Server 2010 におけるアーカイブ不変性の実現
3. 可用性ガイド (Word、1.85 MB)
4. サイジング ガイド (Word、624 KB)
5. Microsoft Outlook 2010 活用ガイド (Exchange Server 2010 クライアント編)
6. Microsoft Outlook Web App 活用ガイド (Exchange Server 2010 SP1)

Exchange Server 2013 自習書シリーズ | TechNet
http://technet.microsoft.com/ja-jp/exchange/jj853251

1. インストール編 (Word ファイル、6.75 MB)
(株式会社大塚商会)

Exchange Online 自習書/活用ガイド | TechNet
http://technet.microsoft.com/ja-jp/exchange/hh300892

ホワイト ペーパー
1. Exchange 展開の選択肢
2. Exchange Online におけるアーカイブ不変性の実現
3. AD FS 2.0 による Office 365 シングル サインオン ホワイトペーパー

自習書
1. Office 365 自習書: AD FS によるシングル サインオン環境構築ガイド
2. Exchange Online 自習書 管理者編
2-1. 管理編 (Word 文書、6.5 MB)
2-2. コンプライアンス編 (Word 文書、8.2 MB)
3. Lync Server 2010 ボイス と Office 365 ユニファイド メッセージング連携構築自習書

活用ガイド
1. Outlook 2010 活用ガイド (Office 365 クライアント編)
2. Outlook Web App 活用ガイド (Office 365 クライアント編)

 

関連リソース:

TechNet 自習書シリーズ
https://technet.microsoft.com/ja-jp/dd252967

Office 製品群 評価ガイド シリーズ
https://technet.microsoft.com/ja-jp/office/jj149945

Exchange Server のメッセージクラス

Exchange Server で扱われるメッセージクラスには、下記のようなクラスがあるようです。

IPM.Note
IPM.Note.SMIME
IPM.Note.SMIME.MultipartSigned
IPM.Note.Receipt.SMIME
IPM.InfoPathForm
IPM.Schedule.Meeting
IPM.Notification.Meeting
IPM.Post
IPM.Octel.Voice
IPM.Voicenotes
IPM.Sharing

REPORT.IPM.Note.NDR
REPORT.IPM.Note.DR
REPORT.IPM.Note.Delayed
REPORT.IPM.Note.IPNRN
REPORT.IPM.Note.IPNNRN
REPORT.IPM.Schedule.Meeting.Request.NDR
REPORT.IPM.Schedule.Meeting.Resp.Pos.NDR
REPORT.IPM.Schedule.Meeting.Resp.TENT.NDR
REPORT.IPM.Schedule.Meeting.Canceled.NDR
REPORT.IPM.Note.SMIME.NDR
REPORT.IPM.Note.SMIME.DR
REPORT.IPM.Note.SMIME.MULTIPARTSIGNED.NDR
REPORT.IPM.Note.SMIME.MULTIPARTSIGNED.DR

詳細は下記サイトで説明されてます。

[MS-ASEMAIL]: MessageClass
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee200767%28v=exchg.80%29.aspx

Item Types and Message Classes
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ff861573%28v=office.14%29.aspx