Windows SDK/Platform SDK の バージョン と ダウンロードURL [Windows 10対応版]

Windows SDK/Platform SDK の バージョン と ダウンロードURL [Windows 8.1対応版] のWindows 10対応版です。

バージョンの選択:

Windows SDK archive
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/ff851942

All .NET Downloads
https://www.microsoft.com/net/download/all

ダウンロード:

Version 名 前 ダウンロード(Web) ダウンロード(ISO) ダウンロード(分割)
5.2.3790.1830 Windows® Server 2003 SP1 Platform SDK ここから ここから ここから
5.2.3790.2075 Microsoft ® Windows Server® 2003 R2 Platform SDK ここから ここから ここから
6.0 Microsoft® Windows® Software Development Kit Update for Windows Vista™ ここから ここから
6.1 Windows SDK for Windows Server 2008 and .NET Framework 3.5 ここから ここから
7.0 Microsoft Windows SDK for Windows 7 and .NET Framework 3.5 SP1 ここから ここから
7.1 Microsoft Windows SDK for Windows 7 and .NET Framework 4 ここから ここから
8.59.29750.0 Windows SDK for Windows 8 ここから
8.100.25984.0 Windows SDK for Windows 8.1 ここから
10.0.26624.0 Windows Software Development Kit (SDK) for Windows 10 ここから

開発ツールと対応 OS 一覧
Visual C++ 6.0 – Visual Studio 2015, Windows XP – Windows 10
https://www.microsoft.com/ja-jp/dev/support/tools.aspx

開発ツールと対応 OS 一覧 (アーカイブ)
Visual C++ 4.0 – Visual Studio 2010, Windows 95 – Windows 7
https://www.microsoft.com/ja-jp/dev/support/tools_archive.aspx

参照情報:

入手可能な Windows SDK について – JAPAN Platform SDK(Windows SDK) Support Team Blog – Site Home – MSDN Blogs
http://blogs.msdn.com/b/japan_platform_sdkwindows_sdk_support_team_blog/archive/2011/04/22/windows-sdk.aspx

関連投稿:

Windows SDK/Platform SDK の バージョン と ダウンロードURL [Windows 8.1対応版]
Windows SDK/Platform SDK の バージョン と ダウンロードURL

SSRS(SQL Server Reporting Services) の インストールと設定

今回は ウィザードのみ使用した簡単なレポートを作成します。

image

事前に

  • SQL Server Reporting サービス と 開発ツール を含んだ SQL Server 2008 Express の パッケージ
  • AdventureWorks サンプルデータベース

を インストールします。

インストール方法はこちら。

SQL Server 2008 Express の インストール
https://techwing.wordpress.com/2009/05/02/sql-server-2008-express-%e3%81%ae-%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab/

サンプルデータベースのインストール
https://techwing.wordpress.com/2009/05/02/%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ab%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab/

SQL Server Business Intelligence Development Studio を 起動します。

image

新しいプロジェクトを作成します。


「IM2009Sample」プロジェクト

データソースを設定します。

クエリビルダでクエリを設定します。

テーブルの追加

リレーションの設定と表示列の選択

利用するSQL文SELECT          SalesLT.SalesOrderHeader.OrderDate, SalesLT.SalesOrderDetail.UnitPrice,
                      SalesLT.SalesOrderDetail.OrderQty, SalesLT.ProductCategory.Name,
                      SalesLT.Product.Name AS Expr1, SalesLT.Product.ProductNumber,
                      SalesLT.Product.Color, SalesLT.Customer.Title, SalesLT.Customer.FirstName,
                      SalesLT.Customer.LastName, SalesLT.Customer.CompanyName
FROM            SalesLT.ProductCategory INNER JOIN
                      SalesLT.Product ON
                      SalesLT.ProductCategory.ProductCategoryID = SalesLT.Product.ProductCategoryID
                       INNER JOIN
                      SalesLT.SalesOrderDetail ON
                      SalesLT.Product.ProductID = SalesLT.SalesOrderDetail.ProductID INNER JOIN
                      SalesLT.SalesOrderHeader ON
                      SalesLT.SalesOrderDetail.SalesOrderID = SalesLT.SalesOrderHeader.SalesOrderID
                       INNER JOIN
                      SalesLT.Customer ON
                      SalesLT.SalesOrderHeader.CustomerID = SalesLT.Customer.CustomerID

レポート種類の選択

テーブルのデザインを設定します。

テーブルレイアウトを設定します。

テーブルスタイルを設定します。

配置場所を設定します。

レポート名を設定します。

プロジェクトをビルドして、レポートサーバーへ配置します。

image

ブラウザで表示を確認します。

image

インターネット公開の設定

閲覧権限ユーザの追加

表示するための可能な限り低い権限を与えます。(さらに、調査中)。

※匿名認証(=カスタム認証による開発)は、SQL Server 2005 Express(Express Advanced) Editionではサポートされてません。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc645993.aspx

全般設定

サーバーロール

ユーザーマッピング

インタネットからの表示の確認

ユーザー名とパスワードを入力します。
image

image